財形預金

財形制度を社内の福利厚生に役立ててみましょう

事業主はこんなメリットがあります

財形制度を導入することにより、低コストで貴社の福利厚生制度の充実が図れます。

年金財形によって従業員の老後の生活設計を援助できます。

社内預金制度を行っている場合は、資金負担と預入れ・払戻し等の事務に手間がかかり事務の負担があります。

しかし、財形貯蓄であれば、金利負担が削減されるだけでなく、事務の軽減も図れます。

従業員はこんなメリットがあります

通常サラリーマンは非課税制度がございませんが、財形制度では非課税制度の適用が受けられます。

給料から天引きされますので、積み立てる手間がいりません。

安定した老後生活の基盤を築けます。

▲ PAGE TOP